「ほっ」と。キャンペーン

刑事訴訟法における被害者保護

被害者は刑事訴訟法においてどのように保護されているのでしょうか。

被害者は捜査段階では重要な証言者として取調べの対象となります。
被害者調書として証拠になります。

被告人が起訴されると,原則として,被害者調書が証拠調べされますが,例外的に,被害者が証人として証人尋問されることもあります。

裁判に出廷して証人尋問されることになると,プレッシャー等や追体験等の2次的な被害が想定されます。そのため,憲法と刑事訴訟法には,証人保護の規定があります。

(従来の制度)
1 公開停止措置(憲法82条2項)
  裁判所は,例えば,強姦の被害者が被害時の具体的状況を証言しなければならないときなどについて,「善良の風俗を害する虞」があるとして,公開停止措置をとることができます。

2 期日外証人尋問(刑訴法158条,281条)
  公判廷以外のところで,証人尋問をすることができます。
  しかし,被害者が公判期日に出頭可能であればこの措置はとれず,実効性がありません。

3 被告人の退廷(刑訴法304条の2)
  証人が被告人の面前においては圧迫を受け十分な供述ができないとき,認められます。

(平成12年改正による新たな証人尋問措置)
1 付添人(刑訴法157条の2)
  証人の不安や緊張を和らげるため,証人にとって信用できる付添人を証人の傍らに付き添わせることができます。

2 遮へい措置(刑訴法153条の3)
  証人が被告人の面前において証言すると,圧迫を受け精神の平穏を著しく害されるおそれがある場合で,相当とみとめるときは,ついたてを置くなどの遮へい措置ができます。

3 ビデオリンク方式による証人尋問(刑訴法157条の4)
  証人に別室にいてもらい,ビデオ回線で法廷とつなぐ方法です。圧迫を受け精神の平穏を著しく害されるおそれがある場合に認められます。

 以上のような制度により,証人が落ち着いてしっかりと証言できるように工夫がなされているのです。

さらに,近時,もっと被害者の保護の理念を押し進めて,被害者が,被告人に対し,独自に求刑の意見を述べることができる制度等を盛り込んだ改正法案がされています。
[PR]
# by ofuna-law-02 | 2008-11-27 19:29 | 刑事訴訟法

善意と悪意

一般用語で,善意というと,よいこころ,よい考えという肯定的な意味ですし,悪意というと,悪い意図,悪い考えという否定的な意味ですよね。

しかし,法律用語の場合,善意は,ある事実を知らないことを意味し,悪意は,ある事実を知っていることを意味します。要は,知らないか知っているか,白か黒かで,肯定的否定的な意味合いは全くなくなります。

あと,意思は,法律用語では,意思であって,意志ではありません。
日本法は,フランス法やドイツ法等の外国法を取り入れたことから,その翻訳で,このような特別な用語が使われています。
[PR]
# by ofuna-law-02 | 2008-11-27 19:28 | 民法

架空請求徹底無視

インターネット等で成人向けサイトを利用し,利用規約の明示がなく,とにかく先に登録させる業者がおり,登録してしまって,あとで多額の登録料等を請求してくる業者がいます。

こんなものについては,契約が成立するわけがありません。契約の成立するためには,契約内容,具体的には,料金と提供サービス内容等の詳細,を理解した上で,合意することが必要です。契約内容も知らずに契約成立ということはありえません。

また,多額な料金を知ったら,契約するわけがないのですから,契約は錯誤無効(民法95条)です。詐欺(民法96条)とも言えます。
「電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律」にも規定があるので,ご参照ください。

このような業者からの請求は不当請求にほかなりませんから,徹底無視してください。
もし訴訟が起こされたら(そのようなことはまずありえません),不法行為に基づく損害賠償請求の反訴をして対抗します。勝訴事例があります。
また,詐欺で刑事告訴もします。実際,警察には検挙実績があります。

人の弱みにつけ込む商法ですから,弱みをみせないことが一番です。
[PR]
# by ofuna-law-02 | 2008-11-27 19:27 | その他の法律

法曹三者のバッチ

法曹三者とは,裁判官,検察官,弁護士の三者を言います。
みなさんは法曹三者の記章(バッチ)についてご存知ですか?

裁判官のバッチは,八角形の銀色の鏡の真ん中に白文字で「裁」くという文字があしらわれています。鏡には「真実を映し出す」という意味が込められていると聞いたことがあります。ネット上で画像を探しましたが,発見できません。裁判官は,法廷では黒い法服を着ているため,その下のスーツの胸のバッチを見ることは困難です。黒い法服を着ていないとき,例えば,和解の席とか,裁判所内の移動中とか,が裁判官バッチを見れる数少ないチャンスです。

検察官のバッチは,真ん中に紅色の旭日が据えられ,その周りに菊の白い花弁と金色の葉があしらわれています。その形が霜と日差しの組合せに似ていることから,一般に「秋霜烈日(しゅうそうれつじつ)バッチ」と呼ばれています。なお「秋霜烈日」とは,秋におりる霜と夏の厳しい日差しのことで,刑罰や志操の厳しさにたとえられます。その画像は法務省のホームページの刑事局のところにあります。ただし,カラーではありません。

弁護士のバッチは,ひまわりをモチーフにし,真ん中に「はかり」があしらわれています。ひまわりは「自由と正義」を意味し,はかりは「公平と平等」を意味します。画像は当ブログにあるとおりです。金色部分は銀地に金メッキが吹き付けられたもので,年季が入るにつれ,金メッキがはがれて,地金の銀が表面化します。ですから,ベテラン弁護士のバッチは,金色ではなく,銀色なのです。昔は,経験豊富さを示すため,無理に金メッキをはがすことがはやったりしたこともありましたが,最近は,やはり金色のほうが見栄えがするなどの理由から,できるだけ金メッキがはがれないように気を遣っている弁護士も多いです。なお,特製のバッチで,金メッキではなく,地金が金でできたものもあります。

ちなみに,法曹三者のたまごである司法修習生のバッチは,裁判官をあらわす「紫」と,検察官をあらわす「紅」と,弁護士をあらわす「白」の3色を使って,ジャスティスの「J」が形作られています。※3色とそれに対応する法曹三者の色については,おぼろげながらの私の記憶に基づいていますので,もしかしたら間違えているかもしれません。ご注意ください。
[PR]
# by ofuna-law-02 | 2008-11-27 19:26 | 弁護士・検事・裁判官

ウエーバーの概括的故意

例えば,海辺で首を絞めて人を殺そうとして,ぐったりしたことから,死んだと思って,その場に放置したところ,実はまだ生きており,砂浜の砂を吸引して窒息死したという事例で,犯人に故意が認められるか(思ったとおりに死んでいないことから問題となります)というのがウェーバーの概括的故意の事案です。

因果関係の錯誤等色々な刑法上の論点がからみますが,結論としては,殺人罪を認めるのが通説です。
無難な結論だと思います。
[PR]
# by ofuna-law-02 | 2008-11-27 19:25 | 刑法

昔は窃盗罪に罰金刑はなかった

今こそ窃盗罪には罰金刑がありますが,以前は,窃盗罪には罰金刑がなかったのをご存じですか?

なぜ罰金刑がなかったのかというと,他人のもの(物)を盗むような人は大抵お金に困って窃盗をすると考えられるのが通常であるので,刑として,お金のない犯人から罰金を取るのは背理であるという考え方が根底にあったからです。

この考え方は,例えば,普通の侵入盗(空き巣)などの場合はあてはまるのですが,下着泥棒などの場合はあてはまりません。下着泥棒などは事案が軽微の場合が多く,懲役刑ではなく,罰金刑を下すのが妥当とも言えます。そのため,窃盗罪ではなく,通常同時に行われる住居侵入罪を捉えて,住居侵入罪には罰金刑があるので,これにより罰金刑に処されるという扱いが実務上なされていたという現状がありました。

しかし,上記の下着泥棒の場合や,他にも,お金はあるのに,ちょっとした出来心から,万引き(これも窃盗です)をしてしまう場合など,直截的に,罰金刑に処した場合が多いことから,現在では,窃盗罪に罰金刑が新設されています。
[PR]
# by ofuna-law-02 | 2008-11-27 19:23 | 刑法

胎児は人か

胎児は人でしょうか。色々な考え方がありますが,通説的な考え方を紹介します。民法と刑法では考え方が違います。

民法では胎児は人です。ただし,死産であった場合は遡って人ではなくなります。具体的事例では,例えば,胎児も相続人の一人としてカウントされます。

一方,刑法の場合は,胎児は人ではありません。出産して体が一部露出した段階で人となります。具体的事例では、例えば,胎児を殺しても殺人罪にはなりません。堕胎罪になるだけです。出産して一部露出した後に殺せば,人になってますから,殺人罪です。

このように民法と刑法で違いがでるのは,「人」としての保護をどの段階で与えるのかという違いがあるからです。
[PR]
# by ofuna-law-02 | 2008-11-27 19:22 | その他の法律

被疑者と被告人

似たもの用語として,「被疑者」と「被告人」があります。区別をご存じですか?

簡単に言ってしまうと,起訴される前の捜査段階が被疑者であり,起訴された後の公判段階が被告人ということになります。被告人の「告」には「起訴」という意味が含まれるんですね。ですから,起訴されたら被告人になるということです。

ちなみに,起訴される前の犯罪事実のことを「被疑事実」と言い,起訴された後の公判段階の犯罪事実のことを「公訴事実」と言います。
[PR]
# by ofuna-law-02 | 2008-11-27 19:19 | 刑事・少年事件

離婚の際の財産分与と慰謝料

夫(妻)が不倫をしている,性格の不一致があるなどの理由で,離婚を考えている方もいらっしゃるでしょう。離婚の原因にもよりますが,例えば,夫から妻が離婚を持ちかけられ,離婚するという場合,妻は夫に対し,財産分与と慰謝料の請求ができます。

財産分与と慰謝料は一般的にはごっちゃにされますが,法的には別の権利です。
財産分与というのは,夫婦でいる間に形成した共同財産がある場合には,離婚の際,それを生産しようという考えに基づく権利です。
慰謝料というのは,離婚に伴い精神的苦痛を負った場合にそれを慰謝するために支払われる損害賠償請求権のひとつです。

財産分与は,夫婦の共同財産の形成にどれだけ貢献したかを基準に計算されます。専業主婦の場合,30%から50%の幅で,財産分与を請求できるのが一般です。
また,慰謝料については,婚姻期間の長短・精神的苦痛の程度に応じて,100万円から300万円くらいの幅で請求ができるのが一般です。
[PR]
# by ofuna-law-02 | 2008-11-27 19:18 | 離婚

遺留分減殺請求権

遺言により自分の相続分がなくなってしまったらどうなるのでしょう?

この点,民法は,法定相続分の1/2を遺留分として,遺言でも侵すことのできない取り分を認めています。

例えば,法定相続分が1/4あるところを,遺言により,別の相続人に遺産が遺贈されて,仮に法定相続分がなくなっても,法定相続分の1/2,つまり,この場合,1/4×1/2=1/8が遺留分として請求できます。なお,遺留分を主張する場合,相続開始から1年以内に,遺留分減殺の意思表示をする必要がありますので注意してください。
[PR]
# by ofuna-law-02 | 2008-11-27 19:14 | 相続・遺言

相続税

自分の身内が亡くなったとき,相続税がいくらかかるのだろう?と考えたことはありませんか。

この点,相続税法は,基礎控除として,5000万円+(1000万円×相続人の数)という規定を置いています。例えば,相続人が5人いる場合,5000万円 + (1000万円×5) = 1億円 が基礎控除されます。この場合,相続財産が1億円以内ならば相続税はかかりません。

よっぽどの資産家でないと,相続税の心配をすることはないというのが実情でしょう。
[PR]
# by ofuna-law-02 | 2008-11-27 19:12 | その他の法律

民事介入暴力

暴力団から,いやがらせを受けるなど,人に言えない被害を受けている方はいませんか。

横浜弁護士会では,弁護士有志による民事介入暴力対策委員会(略して民暴委員会)を組織し,民暴被害者の救済を図っています。私も,委員の一人です。

決して一人でなやまず,当事務所または横浜弁護士会民暴委員会までお気軽にご相談ください。弁護士がチームを組んで暴力団に対抗し,民事介入暴力(民暴)の被害者を徹底的に守ります。
[PR]
# by ofuna-law-02 | 2008-11-27 19:09 | 倒産処理法

自己破産のデメリット

破産をするにはまず弁護士費用がかかります。債権者数にもよりますが,通常は,着手金(自己破産申立前までに頂くもの)が21万円で,報酬金(自己破産が無事決まった後に頂くもの)が21万円というのが相場です(なお,当事務所ではこれらの分割払いの相談にも応じております)。

破産するにあたってのデメリットは,法的には,会社の取締役になれない,税理士・司法書士などの資格を失う,今後7年間は破産できないといったところでしょうか。信用情報に傷が付くため,いわゆるブラックと言って,数年間(6~7年と言われています)は,借入やローンを組むことができないというデメリットもあります。もっとも,相談者のほとんどが,もう借金はこりごりとおっしゃられます。

破産は経済的に再起を図るための制度です。1からやり直したいと考えているならば,破産は,一つの選択肢です。

なお,債務者自らが破産を申し立てる場合のことを自己破産と言います。
債権者からの申立により破産を行う場合も稀にあり,その場合は,債権者申立てによる破産と言います。
[PR]
# by ofuna-law-02 | 2008-11-27 19:08 | 債務整理

債務整理

債務整理には,任意整理(過払い金請求を含む),自己破産,個人再生の3つがあります。

任意整理とは,借金を利息制限法の制限利息内に引き直して債務を圧縮し,約3年から3年間で分割して返済するという和解を債権者との間で結ぶことにより,債務を整理する方法を言います。利息の払いすぎのため,お金が戻ってくるケースもあり,そういう場合を過払い金請求と言います。

自己破産とは,返済を断念し,法的に債務を全て精算・帳消しにする方法を言います。

個人再生とは,自己破産という方法をとらずに,法的に,債務の一部をカットし,残金を3年を目途に返済する計画を立てて,債務を整理する方法を言います。

債務整理においては,過払い金請求ができる場合があることに注意が必要です。
目安として5~7年以上にわたって消費者金融との取引がある場合,弁護士に依頼して債務整理を行うと,利息の払いすぎにより,消費者金融への過払い金というものが生じ,一定の金額が逆に返ってくる場合があるのです。
これは,消費者金融が利息制限法以上の金利を取り,債務者が利息を払いすぎていることから生じます。

借金・多重債務・クレジットサラ金・ローンで返済にお困りの方,場合によっては過払い金が生じるかもしれません。債務整理は最大の解決方法です。一度,弁護士に相談してみてはいかがですか。
[PR]
# by ofuna-law-02 | 2008-11-27 19:04 | 債務整理

弁護士費用の援助~法テラス

法テラス(旧法律扶助協会)をご存じでしょうか。資力の乏しい方のために,民事事件の場合,弁護士費用を立て替えてくれて,後で分割払いに応じてくれるほか,刑事・少年事件の場合は,弁護士費用を全額負担してくれる等する団体です。

民事事件でいうと,例えば,単身者の場合,手取り月収入が18万2000円以下であり,事件について勝訴の見込みがないとはいえないという基準を満たせば,審査により,法テラスの扶助が利用でき,比較的安い費用で,しかも,分割返済により訴訟ができます。

法テラスについては,法テラスのホームページhttp://www.houterasu.or.jp/をご覧ください。
[PR]
# by ofuna-law-02 | 2008-11-27 18:59 | その他の法律

起訴猶予と執行猶予

似たもの用語シリーズですが,起訴猶予と執行猶予の違いはご存知でしょうか。

まず,起訴猶予を説明します。捜査が始まり,事件が検察官に送致(送検)された後,検察官は,起訴するかどうかを判断します。このとき,事案や被害の小ささ,被害回復がなされていること,被疑者が反省していること,前科がないことなどを被疑者に有利な事情を考慮し,犯罪事実は認められるけれども,あえて起訴をするまでもないとして,起訴をしないという判断をする場合があります。それが起訴猶予です。

これに対し,執行猶予というのは,起訴された後,裁判(公判)になり,判決を下すに至ったときに,判決を下す裁判官が,被告人にとって有利な事情を考慮し,とりあえずは実刑にしない場合を言います。例えば,懲役1年執行猶予3年という形で判断がなされますが,この場合は,懲役1年については,3年間,その刑の執行を猶予し,この期間をまじめにすごぜば,懲役1年の処分はなかったことになるというものです。これが執行猶予です。
[PR]
# by ofuna-law-02 | 2008-11-27 18:56 | 刑事訴訟法

架空請求

最近,突然身に覚えのない請求や督促状が送りつけられる,架空請求が世間をさわがせています。オレオレ詐欺とか振込詐欺とも言われます。

このような架空請求に対しては,「無視をする」という対応が第一です。決して,認めない,払わない,ことが大切です。

脅し文句があった場合などは警察に届け出ましょう。

最近は,裁判所に架空債権を訴える業者もあります。この場合,被害者の元には裁判所から「訴状」が送られてきます。このように裁判所が絡んだ場合は,弁護士に相談したほうが無難です。これを無視すると,判決が下って,給料が差し押さえられるなどの実害が生じるおそれがあるからです。
[PR]
# by ofuna-law-02 | 2008-11-27 18:54 | その他の法律

クーリングオフ

契約をしてしまったけれども,よく考えてみると契約したのは間違いだったと気づいた場合,契約を白紙撤回できる制度がクーリングオフです。

訪問販売等の場合,一定期間(例えば、契約の日から8日以内など)であれば,クーリングオフにより,契約を白紙撤回できます。どういう場合にクーリングオフができるのかどうかは,弁護士にお尋ねください。
[PR]
# by ofuna-law-02 | 2008-11-27 18:52 | その他の法律