「ほっ」と。キャンペーン

自賠責保険

自動車保険は,強制加入の①自賠責保険と,任意加入の②任意保険という,二段階からなっています。

たとえば,私は,自分で言うのもなんですが,任意保険も加入しています。ほとんどの方が任意保険に加入しているのが現状なのではないでしょうか。
しかしながら,中には,任意保険には加入していないという人や,更には,強制保険である自賠責保険にも加入していないという悪質な方がいるのも事実です。

相手方が任意保険に加入しておらず,自賠責保険しか加入していない場合,損害を人損と物損に分けると,自賠責保険だけの場合は,物損は保険では全く填補されず,人損も原則で120万円までしか保障されません。

ですので,被害者の補償という観点からは,自賠責保険の保険料を上げて,物損や人損120万以上も保障するようにするか,逆に,任意保険の加入率を上げることが望ましいのですが,自分はできても,他人にまで押し付けることができないところが,もどかしいです。

任意保険に入っているか否かは,このように被害者の補償が十分か否かという点に関係しますが,刑事事件(業務上過失致傷ないし致死事件あるいは自動車運転過失致傷ないし致死事件)の見地からも,任意保険に入っていないと,被害者の補償ができないケースが多くなり,自然と刑が重くなり,たとえば,執行猶予がつかないで実刑になるケースすらあります。

ですから,皆さんもできる限り任意保険には入りましょう。

なお,自賠責保険すら入っていない場合でも,自賠責保険の最低ラインである人損120万円までの補償については,政府の無保険車補償制度というものがあり,申請をすれば政府から,その人損120万円までの補償はお金が下りるので,最低限の補償は必ず受けられますので,自賠責保険すら入っていなかったとしても,あたふたされる必要まではありませんので,ご心配なさらないようにしてください。
[PR]
by ofuna-law-02 | 2008-12-02 02:16 | 交通事故
<< ポイントは別居期間 過失割合 >>